取引のしやすさでみる証券会社の比較

証券会社を利用するさいのポイントとしては取引のしやすさがあります。

証券会社の取引のしやすさとしては提供されている取引環境や手数料などがあります。

取引環境の比較としては、取引画面が操作しやすいかどうかがあります。


またスマートフォンやタブレットアプリに対応しているかもポイントです。また取引以外にもトレンドツールが豊富に用意されているかも比較の対象になります。

取引を行う上ではテクニカルチャートなどを用いて行うことができますが、これらを利用者がカスタマイズできるツールを用意しているところやリアルタイムのニュースやアナリストレポート、マーケット情報を提供しているところほど取引しやすい証券会社といえます。

しかし、最終的には取引手数料が決め手になるケースもあります。

All Aboutに関連した情報が掲載されています。

取引手数料が大きい場合には、それだけ利益が減るということになります。

このため変わった使い方としては複数の証券会社に口座を開いてそれぞれの証券会社の特長を活かして取引を行うといったものがあります。


総合的に比較して使いやすいところとしてはSBI証券や楽天証券に強みがあります。



SBI証券も楽天証券もともにネット銀行を有しており、株式からFX、先物、国債のほか金積立など幅広い金融商品を扱っており、総合的な金融証券取引を行うことができるメリットがあります。

証券会社のランキングについて詳しく知りたいならこちらです。

また老舗の松井証券も株式取引に特化しており、人気がありますし、カブドットコム証券やGMOクリック証券も比較的つかいやすい環境を提供しています。